前へ
次へ

不動産登記の依頼料金の相場を把握

不動産登記を司法書士に依頼しますと、費用はかかります。
費用は人それぞれ異なり、数万円くらいになるケースが多いですが、10万円を超える事もあります。
お金もかかりますと、果たして料金は妥当かどうか気になってしまう事もあるでしょう。
そもそも司法書士に不動産登記の手続きを依頼しますと、見積書も発行してくれます。
その書類を発行してもらう分には無料です。
それで見積書には、肝心の依頼料金も明記されている訳です。
料金の総額だけでなく、もちろん内訳も書かれています。
問題は、見積書に書かれている料金が妥当であるか否かです。
例えば発行された見積書には、8万円であると明記されているとします。
8万円は、本当に妥当な金額なのか気になる事もあるでしょう。

トイレリフォーム施工実績|旭区ウォーターソニック

経年による給湯器交換|旭区 ウォーターソニック

山梨全域の土地情報を網羅【西甲府住宅株式会社】

プレハブ事務所のご相談は東京ハウジング

東京でいつでも倉庫設計受付|プレハブネット

上記の8万円のような料金が妥当かどうかは、ある程度自分で見極めることもできます。
依頼料金の相場は、把握しておく方が良いでしょう。
もしも依頼料金の相場が9万円であれば、それほど高くないと判断できます。
しかし相場が7万円台であれば、若干高めと判断できるでしょう。
これらの7万円や9万円といった数字を把握していれば、料金も見極めやすくなります。
ですから司法書士から見積書を発行してもらう前に、まず相場を把握しておく方が良いでしょう。
幸いにも、相場はWEBで確認する事もできます。
相場は、地域によって異なります。
例えばある地域では、司法書士に依頼する時の相場は46000円ぐらいではあります。
しかし他の地域では、それよりも低めになる事もある訳です。
そのような相場の傾向も、WEBで確認できます。
ただし、料金の相場が明確でない内訳もあります。
例えば交通費です。
登記の手続きを代行するために、司法書士は出張する事もありますから、見積書には交通費も明記されています。
ただ、交通費には相場はありません。
また通信費用にも相場はありませんから、注意が必要です。
相場が分かっているのは、あくまでも依頼費用に限られます。

Page Top