前へ
次へ

住宅の購入の際に必要な不動産登記

住宅を購入した際には不動産登記を行う必要があります。
単純に物件を購入する、注文住宅を建設するというだけでは済みません。
キチンとその物件が誰のものなのかということを届け出ておく必要があります。
住宅を購入する際に不動産登記に関しても指導を受けることになっているので、うっかり忘れてしまうこともないでしょうし、知らなかったということもありません。
実際に住宅を購入した経験がなければ、不動産登記の存在そのものも知らないかもしれませんが、購入をした際には必ず確認をすることなので、そこで初めて手続きを行うことを知る、という人は多いようです。
手続きが面倒だと感じるかもしれませんが、登記を完了させることによって、その物件を購入したということになるので、忘れずに行わなければいけません。
行政側の手続きになるので出来るだけ早めに書類を法務局に出すように心掛けておくとよいでしょう。
住宅購入をするとやらなければいけないこともたくさんあるので、早めに対応が必要です。

Page Top