前へ
次へ

不動産登記は自身で実行できる

不動産の売買や相続などの手続きにあたり、不動産の所有権移転手続きを実施することが欠かせません。
非常に多くの個人の人、不動産会社は司法書士へと不動産登記の手続きを任せます。
高い価格での不動産の取引となると、第三者の司法書士に依頼をしたほうが安全性が高いかもしれません。
親子同士や兄弟同士、親戚同士の不動産取引、あるいは隣地との一部分の土地の取引であったら、不動産会社並びに司法書士へと仲介や移転手続きのお願いをしてしまうと意味なく数十万円のコストが生じてしまいます。
単に、大きくない土地の取引や家族ぐるみの取引で、司法書士にお願いする必要性は多くないと考えられます。
不動産登記に関してはどういった方でも容易にすることができます。
すぐ近くの法務局に足を運んで、不動産登記申請書の記載の仕方などを費用も掛からず説明してもらえます。
不動産登記に関する手続きは自分自身で実現出来ますので検討しましょう。

Page Top