前へ
次へ

マイホームを守るのに欠かせない不動産登記

不動産登記とは、新しく家を建てた時に提出する法的な手続きのことです。
新築で一戸建てを建てた場合、中に人が住んでいれば誰にも乗っ取られないだろうと考えるかもしれません。
しかし不動産を扱う人の中には悪意を持った人がおり、所有権がはっきりしていない物件に関しては勝手に取引してしまうことも考えられます。
こうした事態を防ぐために、この物件については誰が所有しているのかをはっきりさせるために作成する書類のことを不動産登記といいます。
登記をしておくと不動産登記簿に記載されますから、誰かに乗っ取られることもなくなります。
この手続きは、基本的には自分で行うものです。
しかし専門的な知識が要求されることから、全くの素人では難しいのも実情です。
そこで多くの場合は、法律に関する詳しい知識を持つ司法書士が頼られます。
司法書士に不動産登記の手続きをお願いすれば、書類作成から法務省への提出まで全て行なってくれるので便利です。
不動産会社が司法書士を紹介してくれることもあるので、尋ねてみると良いでしょう。

Page Top